所蔵資料紹介

百万塔・陀羅尼(だらに)

百万塔・陀羅尼(だらに)

年代:神護景雲4年(770)
寸法:塔 径110×高210mm
陀羅尼 60×520mm

藤原仲麻呂の乱の平定後、天平宝字8年(764)、国家安泰を願う称徳天皇の発願で木製の三重の塔が百万基作られ、770年に法隆寺、興福寺など10大寺に奉納されたもの。

百万塔は塔身部と相輪部からできている。塔身の上部に丸穴が穿たれ、そこに陀羅尼一巻が納められた。陀羅尼は一種の呪文で4種あり、写真は自心印陀羅尼である。他に当館では根本陀羅尼を収蔵している。刊行年代の明らかな、現存する最古の印刷物の一つといわれる。

ページトップ