所蔵資料紹介

油絵「三田製紙所全景」

油絵「三田製紙所全景」

作画:床次正精(とこなみ まさよし)画
状態:油彩
年代:明治13年(1880)
寸法:990×1,290mm

三田製紙所は鹿児島県人の林徳左衛門(当時米穀取引所頭取)が、明治8年(1875)東京市芝区三田小山町に設立し、地券用紙を抄造した。この油絵は、明治13年に真島襄一郎へ工場が譲渡された際に、林と同郷の床次正精(1842~97)に記念として描かせたものである。明治初期の油絵としても評価の高い作品である。

ページトップ