紙の知識

日本の手すき紙の歴史(奈良~江戸時代)

瑜伽師地論 第四十五

瑜伽師地論 第四十五/讃岐山田郡/舎人写/天平16年(744)

7世紀頃、中国大陸から朝鮮半島をへて日本に伝わった紙づくりは、律令制度や仏教とともに各地へ広まっていきました。当時、紙は貴重品だったので、戸籍用紙や公文書、写経などに使われていました。

平安時代になると、貴族が和歌を詠んだり、写経をするために使われる、きらびやかな加工紙が生み出されました。鎌倉時代以降は、武士中心の社会となり、文書に用いる実用的な紙が増えてきました。

王朝継ぎ紙 小色紙王朝継ぎ紙 小色紙/近藤富枝作

やがて江戸時代になると、多くの藩が特産品として紙の生産を奨励したため、紙の生産量と種類が増加し、一般庶民に紙の利用が広まりました。文字を記すだけでなく、障子・襖や明かり、衣類、容器、おもちゃなどの素材として、紙は日常生活に欠かせないものになりました。

徳川吉宗黒印状

徳川吉宗黒印状/享保6年(1721)


  • 紙布(しふ)の丸帯

      紙衣(かみこ)の丸帯/京都/江戸末期

  • 津島扇子

    津島団扇(うちわ)/扇屋重四郎/文久年間(1861~64)

  • 有明行灯(ありあけあんどん)

      有明行灯(ありあけあんどん)/江戸時代

  • 一閑張(いっかんばり)の高杯

       一閑張(いっかんばり)の高杯/京都/江戸時代

  • 千代紙「花丸文」

       千代紙「花丸紋」/江戸末期~明治時代/木版刷

ページトップ