イベント

かみはく友の会の集い
講演会「日本の製紙王 大川平三郎 ~若き技術者としての日々を中心に~」

大川平三郎(1860-1936)
大川平三郎(1860-1936)
  • 2016年11月23日(水)14:00~15:30
  • 無料(会員以外の方は別途入館料が必要です)
  • 辻本直彦(紙の博物館学芸部長)
  • 50名(友の会会員優先受付。一般の方は応募者多数の場合、抽選となります)
  • 11月9日(水)締切
  • 日本の製紙王と言われる大川平三郎が、16歳で王子製紙の前身の抄紙会社王子工場に入社し、20歳で米国製紙工場へ留学、31歳で我国初の化学パルプ工場となる気田工場設立までの約15年間、および77歳で亡くなる前年の昭和10年、貴族院議員として行った最後の講演記録を通して、その人物像に迫る。

    【申込方法】
    往復はがきに、①イベント名、②氏名・ふりがな、③性別、④住所、⑤電話番号をご記入の上、
    紙の博物館友の会係宛(114-0002北区王子1-1-3)へお送りください。
    ※会員の方は、その旨を明記してください。
    ※1枚のはがきで1名様のみ有効です。
    ※応募者多数の場合は抽選となります。
    当選結果は、イベント開催日1週間前までに返信ハガキにてお返事いたします。

    友の会ご入会については、こちらをご覧ください。

ページトップ