企画展

紙の博物館創立60周年記念企画展
金唐革紙の魅力 ~過去から未来へ~

  • 2010年03月20日(土)~2010年06月13日(日)
  • 月曜日(3/22、5/3は開館)、3/23(火)、4/30(金)、5/6(木)

展示概要

池田氏庭園内洋館の金唐革紙(部分)

池田氏庭園内洋館の金唐革紙(部分)

金唐革紙(切見本)(明治時代)

金唐革紙(切見本)(明治時代)

金唐革紙製作用版木ロール(明治時代)

金唐革紙製作用版木ロール(明治時代)

紙の博物館は1950年(昭和25)に誕生し、おかげさまで今年60周年を迎えます。その節目にあたり、創立60周年記念企画展の第1弾として、本展示を開催いたします。

「金唐革紙(きんからかわし)」は、中世ヨーロッパで王侯貴族の城館の壁、天井などに使われた装飾革である金唐革を、明治初期に和紙で模造した、擬革紙の一種です。壁紙としてヨーロッパへ盛んに輸出される一方、鹿鳴館や岩崎邸など洋館の壁を彩りました。その後、金唐革紙の製法は一時途絶えていましたが、現在は、その魅力に惹かれた上田尚(たかし)氏が金唐紙(きんからかみ)研究所を創設し、当館所蔵の金唐革紙製作用版木ロールなどを用いて「金唐紙」として復原されています。上田氏は、各地の重要文化財建造物の金唐紙製作により、2005年(平成17)に国選定保存技術保持者に認定されました。

本企画展では、版木ロールや、明治時代に製作された金唐革紙の切見本など、当館収蔵資料をはじめ、金唐紙研究所の上田尚氏、池田和広氏の作品を展示いたします。また、特別出展として、今秋公開予定の秋田県大仙市の国指定名勝「池田氏庭園」内の洋館(図書館)に使用されていた建設当時の金唐革紙と、現在復原中のものを併せて展示いたします。

金唐革から金唐革紙、そして金唐紙へ...。時代は変わっても、華やかな魅力を保ち続ける金唐革紙の世界をお楽しみください。

主 催:公益財団法人紙の博物館
後 援:金唐紙研究所・財団法人東京都公園協会(旧岩崎邸庭園)・秋田県大仙市教育委員会

イベント

ページトップ