企画展

紙の博物館創立60周年記念企画展
日本近代洋画の美−紙業界コレクション

  • 2010年09月18日(土)~2010年11月28日(日)
  • 月曜日(9/20・10/11は開館)、9/24(金)、10/12(火)、11/4(木)、11/24(水)

展示概要

中村彝「静物」

中村彝「静物」

岸田劉生「冬瓜とぶどう」

岸田劉生「冬瓜とぶどう」

藤島武二「静物」

藤島武二「静物」

創立60周年を記念し、製紙関連業界が所蔵する選りすぐりの絵画26点を展示します。今回は明治から昭和期までの日本人画家による洋画を集めました。これらの作品は以前より各企業が大切に保管し、当時の絵画文化の振興にも貢献したもので、一般公開される機会も少ない貴重な作品がほとんどです。芸術の秋、紙の博物館で名画をお楽しみ下さい。

《出品作家・作品 (作家名・50音順)》

青山義雄「ニース海岸」
石井柏亭「自籠の入江 十和田湖」
今井幸子「紫の静物」
上野山清貢「鮭」
大久保作次郎「白樺林 美ヶ原」
岸田劉生 「冬瓜とぶどう」
黒田清輝「岡の雪」
小出楢重 「芦屋風景」
児島善三郎 「五月の園」
小山敬三「暁に燃ゆる紅浅間」
佐伯祐三「メゾンルージュ」
地主悌助「紙」「石」
曾宮一念「裾野」
高畠達四郎「霧の街」
鳥海青児「ピエロ」
寺内萬治郎「海」
中川一政 「紅蜀葵と梨」「花」
中村彝「読書」「静物」 
林武「踊子」
藤島武二「静物」
三岸節子「鳥籠と首」
安井曾太郎「白樺と焼岳」
脇田和「鳩」

イベント

ページトップ