企画展

2018年度

  • 木版画の美 その2 ~独特の美しさと技法~木版画の美 その2 ~独特の美しさと技法~

    2018年03月17日(土)~2018年06月03日(日)

    2016年に開催された「木版画の美~今に生きる職人の技~」の第2弾として、江戸木版画の伝統工芸士であり、(株)吉田スタジオの専属摺師で木版画全般を手がける沼辺伸吉氏のご協力を得て、多色摺りの浮世絵版画以来の伝統の技・表現に加え、新たな技法や表現を追求した近現代の作品を中心にご紹介します。会期中には、実演会や体験会のイベントも行います。木版画ならではの独特の美しさをお楽しみください。

    詳細を見る

  • ミニ展示「紙漉重宝記」ミニ展示「紙漉重宝記」

    2018年06月16日(土)~2019年03月03日(日)

    『紙漉重宝記』は、江戸時代後期に石見(現 島根県)の紙問屋 国東治兵衛によって刊行された初の紙漉き解説書です。図絵を用いて分かりやすく説明され、英語、ドイツ語、フランス語等にも翻訳されています。 今回は『紙漉重宝記』の内容を、パネルで分かりやすくご紹介いたします。 (*当展はパネルのみで構成し、現物資料の展示はございません)...

    詳細を見る

ページトップ