館長挨拶

古代、中国で誕生した紙が日本に伝わってから1400年あまり。それ以来、コウゾ・ミツマタ・ガンピなどの靭皮繊維を原料として、流し漉きと呼ばれる独特の技法を確立し、するとともに国内各地で紙が生産され、日本独自の紙文化を発展させてきました。

明治初めには、西洋式機械を備えた製紙工場が王子の地に建設され、日本で初めて本格的な洋紙の生産が始まりました。その後、製紙産業は紙の生産・供給と同時に、環境問題の解決にも力を注いで来ました。

当館は、昭和25年(1950)に製紙記念館として創立し、昭和40年(1965)に「紙の博物館」に改称して以来、長く「かみはく」の愛称で地域の皆様はじめ、多くの方々に親しまれてきました。

2020年には創立70周年を迎え、身近な「紙」をテーマにした博物館として、紙の歴史や文化、素材としての可能性や産業としての持続可能な将来性を、ここ「洋紙発祥の地・王子」より、これからも発信してまいりたいと思います。 皆様のご来館をお待ちしております。

紙の博物館 館長
東剛(あずまたけし)