紙の博物館

企画展

ミニ展示「紙漉重宝記」ミニ展示「紙漉重宝記」

2018年06月16日(土)~2019年03月03日(日)

『紙漉重宝記』は、江戸時代後期に石見(現 島根県)の紙問屋 国東治兵衛によって刊行された初の紙漉き解説書です。図絵を用いて分かりやすく説明され、英語、ドイツ語、フランス語等にも翻訳されています。 今回は『紙漉重宝記』の内容を、パネルで分かりやすくご紹介いたします。 (*当展はパネルのみで構成し、現物資料の展示はございません)...

詳細はこちら

読み物

  • 紙の知識紙の知識

    紙の歴史と文化や、作り方、リサイクルなど、紙に関する事柄をわかりやすく解説します。

  • 所蔵資料紹介所蔵資料紹介

    紙の博物館で所蔵している、紙にまつわる様々な資料を写真と共にご紹介いたします。

新着情報

ページトップ