創立70周年記念企画展   特別収蔵品展

会期:2020年10月24日(土)~2021年2月23日(祝)

【会期中、2回展示替えを行います】
第Ⅰ期:10月24日(土)~11月28日(土)/第Ⅱ期:12月1日(火)~2021年1月16日(土)/第Ⅲ期:1月19日(火)~2月23日(祝)

展示概要

創立70周年、紙の博物館の名品を展示します

紙の博物館は、創立以来「洋紙発祥の地・王子」に設立された紙の専門博物館として、日本の製紙産業に関わる資料を受け継ぎながら、伝統的な和紙に関する資料も収集、保存してきました。新館移転以来20余年ぶりとなる本特別収蔵品展では、重要資料を中心に、多彩な紙関係資料の数々をご紹介します。

第Ⅰ期 展示品リスト

 

イベント 紙の工場跡地を歩く

日時:11/21(土) 10:30 ~ 12:00
定員:6名 費用:無料(入館料のみ)
申込:ホームページより(10/21(水)申込開始)

明治初期に、渋沢栄一が提唱し、経営を主導した「抄紙会社」(後の王子製紙王子工場)があった王子駅周辺を、学芸員とともに散策し、明治時代から戦後までの歴史を振り返ります。

 

ダウンロード

創立70周年記念企画展「特別収蔵品展」チラシ
表面(PDF)      裏面(PDF)
 

創立70周年記念企画展「特別収蔵品展」プレスリリース(PDF)

肉筆画「飛鳥山の景」三代歌川広重画/明治初期

肉筆画「飛鳥山の景」三代歌川広重画/明治初期

倣澄心堂紙

仿澄心堂紙/清朝乾隆帝時代(1735~95)

渋沢栄一書簡(部分)/明治9年(1876)

渋沢栄一書簡(部分)/明治9年(1876)

※新型コロナウィルスの感染防止・拡散防止のため、今後予定されている弊館事業について、変更・中止の可能性があります。随時、弊館ホームページおよびSNSをご確認くださいますようお願い申し上げます。