新型コロナウイルスに対する紙の博物館の取り組みについて

紙の博物館では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下の対策を行っています。

職員は、健康管理として毎日の検温、手指消毒・マスクの着用を徹底しております。

また、館内で多くのお客様の触れる箇所は、職員が随時消毒を行います。

 

ご来館の皆様へのお願い

次に該当されるお客様についてはご来館をお控えください。

  • 咳、くしゃみ、のどの痛み、発熱、倦怠感などの症状のある場合、その他体調がすぐれない場合。
  • ご家庭や、職場、学校などで新型コロナウイルス感染者または感染疑いがある方と濃厚接触があった方。

 

ご来館される皆様におかれましても、感染拡大防止のため、下記の事項にご協力・ご了解をお願い致します。

  • ご入館時、マスクの常時着用と手指の消毒をお願いしております。
  • 入口に検温機を設置しております。(平熱と比べて高い発熱が確認された場合・風邪症状のあるお客様は入館をご遠慮いただくことがあります。)
  • 展示室が混みあわないように、入館制限を行う場合がございます。
  • 感染防止のため給水機の停止をしております。
  • 館内では、他のお客様と距離をあけてください。
  • 展示室内での会話は、お控えください。

 

ご入館について

  • ご見学は、予約制ではありません。
  • 混雑の状況により、入場制限を行う場合があります。
  • グループ・団体でのご来館は極力お控えください

企画展・イベント等の変更について

  • サポーターによる展示解説は休止しております。

図書室のご利用について

図書室のご利用は、事前予約制とさせていただきます。

 

 


今後、開館状況に変更がある場合は、すみやかにホームページ、SNSにてお知らせいたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。